資料:13件

  • 歩行④
  • 歩行時の筋活動 注)赤字は筋力弱化で起こる現象 筋別で見た歩行時の筋の働き 前脛骨筋 ①遊脚相では足部が地面と接触しないように足関節を背屈位に保つ。 下垂足 ②HC~FFに遠心性収縮し、過度または急速な足関節底屈を防止している。 フットスラップ 下腿三頭筋 FF~HO時に...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(3,693)
  • 歩行
  • Gait ~歩行~ Ⅰ)各周期における機能とその働き Initial contact&Loading response:Ic&Lr 1)Initial contact:Ic 特有の機能 ・前方への動き ・安定 ・衝撃吸収 Ic時に生じるモーメント ・足関節:底屈方向のモーメント ・股関節※:屈曲方向のモーメント ・体幹:屈曲方向の...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(3,095)
  • 足関節
  • nkle joint ~足関節~ 1)足関節の各関節の運動 ⅰ)距腿関節 ・外果は内果よりも下方かつ後方に位置するため、回転軸は純粋な内外側軸からはわずかにずれる。回転軸のために背屈ではわずかの外転・外返しを伴い、底屈ではわずかな内転と内返しを伴う。したがって距腿関節は回内・...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(2,368)
  • 脊髄
  • Spinal Cord 1)脊髄の構造 ・上位の運動中枢から送られてくる情報を筋に伝達する最終共通路である。 ・31の髄節からなり、各髄節は共通の構造を持つ。 ・脊髄の横断面(図1参照)を見ると中央部には“H”形をした灰白質が、その周りには白質が存在する。 ・灰白質には前角※や後角...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(1,709)
  • 寝返り
  • 寝 返 り 寝返り(仰臥位から腹臥位) 通常5~6ヶ月より可能となる 獲得の目的:ほしいものに手を伸ばしてとるため 腕と背中の筋群を発達させ、四つば位になるための準備 寝返り動作獲得は3段階に分けて考えると考えやすい 仰臥位-屈曲パターン優位の段階 仰臥位での準備段...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(2,820)
  • 坐位姿勢
  • 1.はじめに 座位姿勢は食事動作やトイレ動作など、日常生活のあらゆる場面でみられる姿勢である。また、臨床の患者様にとって座位姿勢の獲得は種々の動作の自立につながり、さらに心肺・循環機能や精神心理面への刺激など、機能回復にも役立つ大変重要なものである。 このレポ...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(5,024)
  • 階段昇降
  • 「階段昇降レポート」 INDEX 階段一足一段の昇段における筋活動 階段昇降の関節角度 階段降段時の筋活動 階段降段の関節角度 脚の動きと床反力 階段の勾配による運動の変化 足圧中心の移動軌跡 下肢の力学的負担 階段二足一段の昇段における筋活動 10.階段昇段時(二足一段)...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(9,168)
  • ヒトの歩容の生理学
  • ヒトの歩容の生理学 健常歩行の前提条件 ヒトの歩容は、個々人によって大きく異なる。それは身体条件や生活環境、そして振る舞い方、さらには認識と運動の発育に伴って発達するさまざまな基礎能力が異なることによる。このため歩容を画一的に確保することはほとんど不可能である。...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(1,971)
  • Impairment~PartⅠ
  • 様々なImpairment(機能障害)について 1)はじめに ・Impairmentとは、障害の一時的レベルであり、疾病から直接生じてくる心理的、生理的または解剖学的な構造や機能の欠損あるいは異常である。機能障害には一時的なものと永続的なものとがある。また、機能障害は能力低下(Disabi...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(1,167)
  • 歩行①
  • 歩 行 【歩行の力学】 歩き始めには歩行速度は徐々に大きくなっていくが、4歩目あたりになると歩行速度の増加は収まり、ある一定値に飽和するようになる。この状態を定常歩行と呼ぶ 歩行中の重心の動き ①矢状面での重心の動き(上下方向) 重心は1周期中に2...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(1,687)
  • 運動学的観点からの動作分析
  • 運動学的観点からの 動作分析 * はじめに 基本的動作の中で特に立ち上がり、歩行に注目し基本的な運動学観点から動作パターンを紹介し、分析する。 * 運動学の5大分野 ① structural and functional kinesiology ② exercise kinesiology ③ biomechanics ④ developmental kinesi...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(2,458)
  • ~肩関節~
  • 第1回勉強会 ~肩関節~ ・肩甲上腕関節(Glenohumeral Joint:GH Joint) 肩甲上腕関節は上腕骨の大きな凸状の骨頭と凹状の浅い関節窩との間で形成される多軸性の典型的な球関節である。この関節は肩に広範囲な可動性を生み出すために、共に運動する肩甲骨と協力して機能する。...
  • 1,100 販売中 2010/11/30
  • 閲覧(2,173)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?