生活の科学Ⅰ 科目終了試験対策

閲覧数1,516
ダウンロード数9
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員2,530円 | 非会員3,036円

    資料紹介

    過去問を元に作成してますが、同様の問題が出題されるとは限りません。あくまで参考文献としてご利用ください。出題傾向に変化がない場合でも、完コピはご遠慮ください。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活の科学Ⅰ 科目修了試験対策

    過去問を元に作成。重要語句、頻出用語のまとめ。

    同様の問題が出題されるとは限りません。あくまで参考文献としてご利用ください。

    出題傾向に変化がない場合でも、完コピはご遠慮ください。

    不完全変態とは、昆虫の生育過程で、卵→幼虫(若虫)→成虫と成長するもの。セミ、バッタなどがそれにあたり、「さなぎ」の過程を得ずに成虫に至る。     完全変態:チョウ、ハエ、カブトムシ

    単子葉植物とは、被子植物のうち子葉の数が1個のものをいい、多くのひげ根を出し主根はない。樹木はごく少数で形成層はなく、あとから茎が太くなることはない。葉脈は平行脈で葉の形は細長く、変化が乏しい。花の各部は2、4、5、またはその倍数よりになる。  イネ、ユリ                                            

    マント群落とは、高木の枝のない下の部分の小低木やツル植物からなる植物群落。森林を風や寒さから守る効果がある。                                                       

    梅雨前線とは6月から...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。