資料:6件

  • 体育社会学~食料の自給率にめぐる諸問題について
  • 東北地方の大飢饉と食のグローバリゼーションが生み出す問題の中に、食料の自給率はもっとも共通している部分だと考えている。 東方区地方では、明治初期まで冷害や干ばつなどの自然災害によって凶作となった。また江戸時代に、当時は米の収穫高=石高が藩の格を示す指標のであった...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,203)
  • 体育社会学~スポーツ労働市場のグローバル化から見るサッカーの移籍
  • スポーツ界の発展と共に、スポーツ労働市場のグローバリゼーションは、もうはや必然的なこととなっていく。サッカーはヨーロッパへ、バスケットボールはアメリカへ、卓球は中国へと、スポーツ界の発展を支える流れとなり、グローバリゼーションに新たな力を入れることに違いない。...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,848)
  • 日中国民の視点から見た日中関係
  • 隣国として日本と中国はお互いのつながりがほかの国よりかなり深い。文化上、中国の漢字は千年前もう日本に伝えて、今までずっと使われている。経済上、中国は日本の最大の輸入国である。いろいろなところで相互依存の位置にしているが、今の日中国民は相手により複雑な気持ちを持...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,417)
  • 冷戦後の安全保障とリージョナリズムについて
  • 安全保障 伝統的安全保障は、軍事的に自国あるいはある集団の生存のために、国家、国益を追求し、国際協調および条約を通じて、国同士の裏切り行為を軽減した上、相互の利益を守ること。 ソ連は自分の膨張政策により、周りの国に赤い思想を広げる。それに対してアメリカはソ連を封...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,253)
  • 瀋陽・日本大使館への駆け込み事件から見る日本の難民対策
  • 2002年5月8日、中国・瀋陽の日本総領事館に亡命を求めて駆け込んだ北朝鮮出身者の一家5名が中国当局に拘束された事件には、これまで日本がとってきた亡命者・難民受け入れのあり方が限界に達していることを、国際社会に強く印象づけました。スペインや米国の総領事館が、北...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,870)
  • グローバルネットワーキング~国際関係論
  • 先日、中嶋嶺雄さんが著作する国際関係論―同時代史への羅針盤を拝読した。よく書いている参考書だと思う。この本は国際関係論の意義から、一番基礎な部分で全書の内容をすこしずつ展開して、深いところに進む形で国際関係論を詳しく紹介した。私のような初心者にとって、このよう...
  • 550 販売中 2011/02/08
  • 閲覧(1,232)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?