一緒に購入された資料 :: 日本における教師の歴史を概観し、今後求められる教師の役割について考察しなさい。

資料:11件

  • 評価A  保育原理 保育における遊びの重要性について述べよ。
  • 所見「ご自身の事例が活きたレポートに仕上がっています。導入部分も歴史的背景をもってきてgoodです。課題とご自身の展望につなげて結んであり、よいレポートとなっております。」皆様のレポート作成に役立てていただければ幸いです。
  • 660 販売中 2017/12/28
  • 閲覧(4,527)
  • 教師に求められる資質と教育技術について説明しなさい。
  • 教師の資質としてまず何より大切なものは、児童生徒に対する教育的愛情である。これは、あらゆる教育活動を行うにあたって、根底にあるべきものであると言える。教師が児童生徒に対して何らかの影響を与えようとするのであれば、何よりも教師として児童を愛する心を持たなくてはな...
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(5,483)
  • 青年期のアイデンティティの特徴
  • 青年期とは加藤隆勝氏・髙木秀明氏らの試論を基にすると、おおよそ11歳頃から始まり、16歳頃までを青年前期、それ以降21歳頃までを青年中期、また、以降25,26歳頃までを青年後期と区分される。実際の青年期への移行には男女差があり、女子の場合この年齢よりも1~2年早く青年期...
  • 550 販売中 2008/06/28
  • 閲覧(5,380)
  • 「幼稚園教育要領」における「幼稚園教育の基本」について考察しなさい。
  • 第一に、「幼稚園教育の基本」として、保育、幼稚園教育とは、「環境を通して行う教育」であるということができる。これは、新幼稚園教育要領においても不変であり、第一章の総則において「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする。」と...
  • 660 販売中 2011/01/27
  • 閲覧(4,579)
  • 教育において子どもを理解することの重要性について論じなさい。
  • 現在、教育の方法として、子ども個々を個性ある学習者としてとらえ、その子ども主体の学習に教師が意図的に介在する、学習指導が効果的であると考えられている。 教育において、子どもが環境にどのように出会うか、能動的に関わるかというところに教師の介在の重点がおかれ、子ど...
  • 660 販売中 2011/01/27
  • 閲覧(3,517)
  • 小児栄養
  • 小児期は、成長・発達の最も盛んな時期であり、健全な発育のためには、食生活を通じて摂取される栄養素が大変重要である。この時期に摂取される栄養素は、体を作り、発育を支える土台となるものである。 成長期の子どもは、血や体を形成し、エネルギー源となる、糖質・脂質・タン...
  • 660 販売中 2011/01/27
  • 閲覧(1,907)
  • 幼児体育Ⅱ
  • 保育科 幼児体育のレポートです。 『幼児期の運動遊びの意義について述べなさい。』 幼稚園教育要領や保育所保育指針においても、幼児期の運動遊びには、すべての領域のねらいと内容が含まれているといえる。 幼稚園教育要領・保育所保育指針の5領域と関連させて運動遊びの意義を...
  • 660 販売中 2011/10/25
  • 閲覧(3,553)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?