一緒に購入された資料 :: 全身麻酔・OPE後の観察

資料:21件

  • 術後の観察項目とその根拠
  • 1.呼吸器系 呼吸回数・深さ 努力呼吸 リズム異常 胸郭の動き 肺音の聴診 喀痰の性状 酸素飽和度 チアノーゼ 2.循環器系 血圧 脈拍・回数・緊張・不整脈 頸動脈の怒張 体温・皮膚・粘膜 尿量・性状 中心静脈 3.中枢神経 意識レベル 瞳孔 視力・視野障害 4....
  • 880 販売中 2010/05/30
  • 閲覧(19,633) 9
  • 術後合併症の予防に関する看護
  • 術後合併症の予防に関する看護 1)循環器系合併症と看護 (1)後出血 後出血は、その量が多い場合は血圧低ドを起こす。そのため、組織の術後回復に必要な酸素の供給を受けられなくなったり、生体機能を維持するために重要な臓器の機能が低下したりする可能性がある。また、血圧低下が...
  • 550 販売中 2010/10/11
  • 閲覧(19,202) 4
  • 硬膜外麻酔と腰椎麻酔
  • ③局所麻酔 局所麻酔とは脊髄神経または末梢神経、あるいは自律神経系のある部分で一時的に神経遮断をする(神経を麻痺させる)ものであり、対応する局所にしびれを生じさせ、痛覚の消失をもたらす。呼吸・循環・代謝などに及ぼす影響は全身麻酔よりも軽度であり、患者の意識を侵す...
  • 550 販売中 2010/07/15
  • 閲覧(4,212)
  • 全身麻酔レポート (麻酔中、麻酔前後の看護、手術体位など 12ページ)
  • 全身麻酔に関すること 全身麻酔とは 1.麻酔の作用機序と理論 全身麻酔の効果・・・意識の消失、鎮痛および筋弛緩(不動) 多種類の薬剤を用いる 2.麻酔の深度と生体の特徴 生体は麻酔の深さに対応して特徴的な臨床徴候を示す。第1期の無痛期では意識は完全に覚醒しており、...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(16,879)
  • 全身酔法
  • 麻酔法 麻酔の役割 麻酔は手術に伴う痛みを取り除くためだけではなく、同時に患者が安全に手術を受け られるように全身管理をするために行う。 痛みに対する感覚を全身的または局所的に、また一時的・可逆的に消失させて、患者 の音痛を除去することである。これを全身的に行つて意...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(1,860)
  • 局所麻酔に関すること(神経ブロック、伝達麻酔)
  • 局所麻酔に関すること(神経ブロック、伝達麻酔) 神経ブロックとは 解剖学的に指標となる骨や筋肉の目標がはっきりしていて、神経を確実に捉えることができる場合には、その神経に直接少量の局所麻酔薬を注射して、その神経の支配している領域全体を麻酔することができる。この麻...
  • 550 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(8,502)
  • 脊椎麻酔(腰椎麻酔)に関すること
  • 脊椎麻酔(腰椎麻酔)に関すること 脊椎麻酔とは 脊椎麻酔(spinal anesthesia)とは、穿刺によって脊椎のくも膜下腔へ局所麻酔薬を注入し、脊髄神経前根、および後根を遮断する麻酔法である。脊髄の円錐以下は馬尾(脊髄神経繊維の集まり)となり、脳脊髄液内に浮遊している。こ...
  • 550 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(7,520)
  • 脊椎麻酔の看護
  • 脊椎麻酔の看護 看護の工程及び麻酔展開 看護の実際 備考 Ⅰ麻酔の準備 必要物品と薬品の準備 ①脊椎麻酔セット ②浸潤局所麻酔剤 ③注入局所麻酔剤 ④昇圧剤 Ⅱ患者入室 (1)患者の状態を把握する Ⅲ麻酔体位をとる (健側を下にした側臥位) Ⅳ麻酔の実施 (1)穿...
  • 550 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(9,377)
  • 呼吸器合併症
  • 呼吸器合併症 術前DP 喫煙歴の有無 BMI 年齢 %VC、FEV 手術方法 手術中体位 全身麻酔 痰の有無 痰の性状・色・量・粘調度 肺副雑音の有無 呼吸状態 ・呼吸音(air入り・左右差)・呼吸回数・呼吸パターン(異常呼吸・胸郭の動き) SPO2,Hb、赤血球 血圧、脈拍、体温 術前訓練の有...
  • 550 販売中 2009/04/07
  • 閲覧(9,176)
  • 硬膜外麻酔に関すること
  • 硬膜外麻酔に関すること 硬膜外麻酔とは 硬膜外麻酔(epidural anesthesia)とは、穿刺によって脊椎の硬膜外腔へ局所麻酔薬を注入し、脊椎神経根部で刺激の伝達を遮断する麻酔法である。硬膜外腔は幅1~6mmのクモ膜下腔をとりまく空間で、内側は硬膜とクモ膜で境され、外側は...
  • 550 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(3,790)
  • 手術室看護 硬膜外麻酔の看護 行程と実際
  • 硬膜外麻酔の看護 看護の工程及び麻酔展開 看護の実際 備考 Ⅰ麻酔の準備 必要物品と薬品の準備 ①硬膜外麻酔セット ②浸潤局所麻酔剤 ③注入局所麻酔剤 Ⅱ患者入室 (1)患者の状態を把握する Ⅲ麻酔体位をとる (健側を下にした側臥位) Ⅳ麻酔の実施 (1)穿刺点...
  • 550 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(10,127)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?