明星 初等生活科教育法 1,2単位

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数46
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1単位目
    1、生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2、第1学年または、第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通していくつかの大単元を構想し、要点を述べること。各型式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すること。(2学年を選択しました)

    2単位目
    1、第一学年において学習指導要領にある生活科の内容のうち任意の1つを中心とした学習活動例を構成せよ。その学習活動の目標や評価についても言及すること。
    2、第2学年において学習指導要領にある生活科の内容のうち、任意の1つを中心とした学習加圧同齢を構成せよ。其の学習活動の目標や評価についても言及すること。

    一発で合格しました。参考にしてください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 1、生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    生活科の指導計画の作成においては、平成 20 年度版の学習指導要領には4点の配慮事項が
    示されている。今回は、その4点の内容を検討しながら、生活科の指導計画作成上の留意
    点を述べたい。
    配慮事項の1点目として、児童と地域社会および自然との関わりが把握できるような体
    験学習を積極的に取り入れることが示されている。これは生活科の学習を児童の生活とい
    う観点から連続性を持たせるための配慮であり、児童が自分自身の身の回りの人々や自然
    と実際に触れ合うことで生活者として気付きや、願いを持つきっかけとすることを目指す
    ものである。必然的に、教室外の体験学習が中心になるので、教師は児童の安全確保はも
    ちろん、実際に関わっていく地域の人々の理解、協力を得ることにも留意したい。
    2点目として動植物の飼育は2学年にわたって継続的に行うことが示されている。移り
    変わる季節の中で長期間にわたって、同じ動植物の育成、栽培を行うことで児童の中に誕
    生、育て方、成長、そして死についての気づきをより深めることができる。継続的な活動
    においては、児童の興味が継続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。