明星 道徳教育の指導法(小学校)1単位

閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/24 11:00
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    1、現行の『小学校学習指導要領』における道徳教育の考え方について述べよ
    2、(aを選択しました。)明治から昭和20年までの道徳教育の変遷について要点をまとめよ

    一発で合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1-1 現行の『小学校学習指導要領』における道徳教育の考え方について述べよ
    平成 20 年 3 月に改訂された小学校学習指導要領において道徳教育は一層重視されるよう
    になった。今回は改訂された部分を示しながら、現行の学習指導要領における道徳教育の
    考え方について述べたい。
    第一に「道徳教育の時間を要として」の文言が加わり、各教育活動と道徳関連の関連が
    これまで以上に強調された点である。
    道徳の時間を各教育活動から独立した時間ではなく、各教育活動における道徳教育の「要」
    として他の教育活動を補充し、深化し、統合する役割を果たすことが重視された。また、
    各教育活動においても道徳の時間との関連を考慮することが学習指導要領内で示された。
    これより、学校教育全体の中で副次的に道徳教育を行う姿勢から、道徳教育を中心におい
    て学校教育全体を行う方向性へと方針転換したことがわかる。
    第二に学校段階や発達段階を一層考慮した点である。
    例えば本改訂では、小学校の道徳教育の目標に「自己の生き方についての考えを深める」
    が加えられた。この目標は中学校段階において道徳的価値の自覚およびそれに基づいた人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。