S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理

閲覧数475
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/04/17 11:04
    • ページ数 : 8ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程
    特別支援学校教諭免許課程「病弱虚弱児の心理・生理・病理」第1設題レポートになります。
    レポートA評価でした。
    ご参考にどうぞ。レポート作成のお役に立てれば幸いです。

    『病弱・虚弱児の疾患について、生理・病理を簡単に説明し、医療と教育の連携を具体的に述べなさい。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理 第 1 節題
    (1)
    『 病弱・ 虚弱 児の疾 患につ いて、 生理・ 病理 を簡単 に説明し 、医療 と教
    育 の連携 を具 体的に 述べな さい 。』
    は じめに
    現在、 虚 弱 ・病弱 児の教 育・医 療は 以前と 比べて 多様化し 、学校 現場
    に も影響 を与 え大き く変化 してき て いる 。例 えば、 ほんの 20 数 年前 に
    は 生後す ぐに 亡くな ってい た重症 心疾 患の児 童の多 くが、現 在では 治療
    後 に定型 発達 時と同 じよう に就学 でき るよう になり 、気管支 喘息や 慢性
    腎 疾患を 抱え る児童 の多く も、通 院し ながら 家庭生 活と学校 生活を 送れ
    る ように なっ た。
    こ の よ う な 変化に 対応し 、柔軟 な教 育を行 うため にも、疾 患につ いて
    し っかり と理 解を深 めた上 で、医 療と 教育の 連携を 実践でき るよう に学
    ば なくて はな らない 。
    本 リ ポ ー ト では 、病弱・虚 弱児 教育の 対象と なる主 な疾患 ①悪性 腫瘍 、
    ② 循環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。