[社会福祉士]高齢者に対する支援と介護保険制度[A評価]

閲覧数1,739
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題、「高齢者に対する支援と介護保険制度」における「少子高齢化の社会的影響、高齢者の平均寿命の変化や人口に占める高齢者の比率の変化が、介護問題にどのような影響を持っているか」について記述したものです。100点満点中95点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者に対する支援と介護保険制度
    【課題】少子高齢化の社会的影響、高齢者の平均寿命の変化や人口に占める高齢者の
    比率の変化が、介護問題にどのような影響を持っているかを考察しなさい
    日本の高齢化の状況をみると、1950年以前の老年人口比率は低率で推移してきたが、
    1970年に7%を超えて高齢化社会に入り、1994年には14%と倍増している。
    2005年には20.2%と2割を突破し2010年には23%と超高齢社会を迎えてい
    る。2050年の時点では39.6%という高率となることが推計されている。
    老年期は前期老年期(65~74歳)と後期老年期(75歳以上)に分けることができる
    が、日本の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。