憲法 設題2

閲覧数825
ダウンロード数11
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/03/08 10:25
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ※お時間があれば、プロフィール(長文)もどうぞ。
    姫路大学 教職通信課程 合格レポートです。
    設題2:日本国憲法の基本原理とされる国民主権・基本的人権の尊重・平和主義のそれぞれについて説明し、これらの三つの基本的原理が相互にどのような関係にあるかを論じてください。
    ※この大学のレポートは、合格か不合格かで評価され、評定は科目試験で行われます。
    ※このレポートを利用されるときは丸写しにするのではなく、参考にしつつ、ご自分の解釈や他の文献も盛り込むとよいと思います。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本国憲法の基本原理とされる国民主権・基本的人権の尊重・平和主義のそれぞれについて説明し、これらの三つの基本的原理が相互にどのような関係にあるかを論じてください。
     
    「国民主権」の原理は、絶対主義時代の専制的支配に対抗して、国民が政治の主役であると主張する理論的支柱であり、近代市民革命の成立以後、国家統治の根本原理として近代立憲主義憲法において広く採用されている。わが国では、憲法前文にその記述がみられ、国民が憲法制定権力の保持者であることを宣言している。
    「基本的人権」については憲法11条において、「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。