PA1030教育の制度と経営1単位目レポート

閲覧数1,172
ダウンロード数24
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/02/20 11:08
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    明星大学通信教育課程 PA1030教育の制度と経営1単位目合格レポートです。

    この科目は自分の考えをしっかりまとめ、論理的に分かりやすく説明することが求められます。
    課題に沿って、教科書を参考に、私の考えを述べているので、参考にして頂けたら幸いです。

    参考文献:「現代社会における教育制度と経営」青木秀雄・岡本富郎 書(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PA1030教育の制度と経営1単位目レポート
    1.日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     日本における教育改革について、私が関心のある課題は、「生きる力の育成とゆとり教育」に関してである。「生きる力」の育成は、情報化や国際化など経済・社会の急激な発展に伴い、自ら考え行動し、主体的に問題解決に取り組む態度や資質を養うことをねらいとして、中央教育審議会によって提言された。この提言の具体的な内容として、一方的な知識の教授(いわゆる詰め込み教育)から体験・経験的で主体性を引き出す学習への転換、生涯学習の基礎の養成、基礎的・基本的な学習内容への精選による「ゆとり」のある環境・活動の設定、地域や子どもに応じた特色ある・きめ細かい教育活動の展開などがある。これらの内容は、時代や社会的要請に応じて表出してきたものであり、これからの教育活動において解決すべき課題である。
     時代の変化が著しい昨今では、教育観の転換が求められている。教師による一斉教授の授業形態、学歴主義からの脱却などが主に挙げられ、従来とは大きく異なる考え方や視点が注目されるようになっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。