日大通信 イギリス文学史Ⅰ メディア授業MA 2019年~2022年 最終試験レポート S評価

閲覧数510
ダウンロード数4
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/12 17:27
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員972円 | 非会員1,166円

    資料紹介

    日大通信 イギリス文学史1MA 2019年~2022年 最終試験レポート S評価

    参考文献 イギリス文学史Ⅰ 岡崎 祥明・関谷 武史

    丸写しせずに、参考にしたり資料に役立てたりしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    イギリス文学史1MA最終試験 評価 S


    文学史は得意なわけではないのですが、S判定取れました。おそらく良い点が取れたのは
    世界史が得意なのでなるべく世界史と絡めて、世界史と絡むテーマを選んだことだと思い
    ます。文学史の講義でも、歴史的な背景から授業を組み立てていくものがあります。論文
    でも真正面から取り組むとなかなかうまくいかないので、何かほかの分野と絡めてやりま
    す。そのあと本題に戻ればよい文章が書けると思います。



    次の設問の中から 2 問を選び、日本語で答えなさい。ただし、著者名と作品名は、英語
    を用いなさい。


    1.イギリス文学の始まりについて、知るところを述べなさい。
    3.イギリス・ルネッサンスという時代はどのような時代であったか、述べなさい。



    解答例


    1.イギリス文学の始まりについて、知るところを述べなさい。

    英文学史は、Beowulfという、その名の英雄の武勲を讃えた長詩の話から始めるのが普通
    である。文学史の起源が大抵の国では英雄賛歌なのは、人間が自然と闘って生き延びるに
    は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。