要介護状態を未然に防ぐ『介護予防』の目的や必要性について考える。(評価:優)

閲覧数1,040
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    要介護状態を未然に防ごうとする取り組みは、結果的に本人や家族の負担を減らす事に繋がります。
    このレポートは、そんな『介護予防』の目的と必要性についてまとめたものです。

    本文1,244字(評価:優)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『要介護状態を未然に防ぐ“介護予防”の目的や必要性について考える。』
     今日の日本では、諸外国とは比べものにならないほど急速に高齢社会が進んでいる。そんな中、要介護者、とりわけ介護保険制度下において「要支援」や「要介護1」の高齢者が年々増加してきているという。市区町村などでは、このような軽度の要介護者の身体機能を改善させる、または要介護状態を進行させないようにするために、「介護予防」への取り組みが現在、積極的に行われている。
     介護予防の基本的な目的には、①要介護状態になることを出来る限り防ぐ。(発生を予防・早期発見)、②要介護状態であっても、状態がそれ以上に悪化しないようにする。(生活機能の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。