八洲学園大学 児童サービス論 2017年秋期 第2回課題レポート

閲覧数1,187
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース
    児童サービス論
    2017年秋期 第2回課題レポート
    課題レポート評価はAでした。履修後の成績は優でした。

    <設問>
    乳幼児サービス、ヤングアダルトサービス、特別な支援の必要な子どもたちへのサービスの中から一つを選択し,以下の問いに答える形でレポートをまとめよ。

    (1)そのサービスの定義、目的及びサービスの現状を800~1200字程度でまとめよ。
    (2)そのサービスにおいて特に課題となっていると思うことを一つ指摘し、なぜその課題が重要だと思うのかを説明せよ。


    レポート中で一つ以上文献(図書、雑誌記事、新聞記事、Web上の情報など)を引用することを必須条件とする。ただし、教科書の「乳幼児サービス」「ヤングアダルトサービス」「特別支援の必要な子どもたちへのサービス」の章で引用・参照されている文献は除く。

    レポート全体の字数は1600~2000字程度とするが、多少超過しても構わない。公共図書館に足を運び、実際にサービスを観察するのも良い。


    レポート作成時の注意
    (1)提出遅延は基本的に認めない。特別な事情がある場合は早めに相談すること。
    (2)他人の文章をそのまま写すことは剽窃であり絶対に認められない。
    (3)レポートの体裁を整えて提出すること(章立てをし、適当な見出しを付ける、主語と述語の関係を意識して文章を組み立てる、自身と他人の意見を区別する、引用・参考文献リストを付ける、読み易いよう適度に改行を加える、不要な空白や誤字脱字がないようにする等)
    (4)各課題で求めている条件を確認してから提出すること。条件を満たしていないレポートは再提出となる。第2回課題は2つの問いに解答していること、文献を一つ以上引用すること、章立てをすること、引用・参考文献リストを付けることが最低条件となる。
    (5)引用・参考文献リストは文字数に含めなくて構いません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童サービス論
    <設問>
    乳幼児サービス、ヤングアダルトサービス、特別な支援の必要な子どもたちへのサービスの中から一つを選択し,以下の問いに答える形でレポートをまとめよ。
    (1)そのサービスの定義、目的及びサービスの現状を800~1200字程度でまとめよ。
    (2)そのサービスにおいて特に課題となっていると思うことを一つ指摘し、なぜその課題が重要だと思うのかを説明せよ。
    レポート中で一つ以上文献(図書、雑誌記事、新聞記事、Web上の情報など)を引用することを必須条件とする。ただし、教科書の「乳幼児サービス」「ヤングアダルトサービス」「特別支援の必要な子どもたちへのサービス」の章で引用・参照されている文献は除く。
    レポート全体の字数は1600~2000字程度とするが、多少超過しても構わない。公共図書館に足を運び、実際にサービスを観察するのも良い。
    <回答>
    はじめに
     図書館では提供される児童サービスは、利用対象者別に細分化され、各サービスの充実化が図られている。今回は、そのようなサービスの中から、特別な支援の必要な子供たちへのサービスに焦点を絞り、そのサービスの意義や目的、現状を踏まえた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。