一緒に購入された資料 :: 中央大学 通信教育 第2課題 司法権の限界 評価A 2016年度

資料:22件

  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 憲法 第2課題
  • 問題  ある係争が「法律上の争」(裁判所法3条1項)にあたり、司法権の範囲に含まれうる場合であっても、一定の理由から、裁判所による司法権の行使が制限される場合、これを一般に「司法権の限界」と呼ぶ。このような司法権の限界について、判例をあげて論じなさい。 司法権とは..
  • 550 販売中 2017/12/12
  • 閲覧(748)
  • 盗聴法=通信傍受法を考える
  • 盗聴法について 操作方法としての盗聴の方法は数多くあるが、その盗聴を操作方法に取り入れることのできる根拠法として、「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律(以下通信傍受法と書く)」が存在する。 ここで明らかにしておくが、私はこの通信傍受法には断固反対である。そして..
  • 550 販売中 2007/02/04
  • 閲覧(1,323)
  • 中央大学 法学部 通信教育課程 2016年 憲法 第1課題
  • 問題  法の下の平等について、判例の動向を踏まえて論じなさい。 日本国憲法第14条では、「すべての国民は、法の下の平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定し、法の下の平等を保障している。 ..
  • 550 販売中 2017/12/12
  • 閲覧(852)
  • 中央大学法学部通信教育課程 刑事政策 2017年度第1課題 合格レポート(C評価)
  • 刑事政策 第1課題 B20A 2017年度 自由刑と財産刑(特に罰金)の比較において、①自由刑の長所と短所は何か、②財産刑 の長所と短所は何か、また、③自由刑の代替策として財産刑を使用することが有効なのは どのような場合か。以上3点について、順に説明せよ。 [回答案] 1..
  • 550 販売中 2018/02/20
  • 閲覧(1,197)
  • 日本国憲法 最終試験対策 信教の自由と政教分離について論じなさい。
  • 日本国憲法 最終試験対策 信教の自由と政教分離について論じなさい。  日本国憲法20条は、信教の自由を保障するとともに、この自由の保障を確実にするために「政教分離」の原則を採用している。20条1項にいわれる「信教の自由」の内容は、大きく三つに分けることができる。①信仰..
  • 550 販売中 2009/07/10
  • 閲覧(2,327)
  • [レポート]日本国憲法 法の下の平等について A判定
  • 「法の下の平等について」  「法の下の平等」とは、個人権であるとともに人権の総則的な意味を持つ重要な憲法上の原則であり、憲法十四条一項において「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係におい..
  • 550 販売中 2010/03/16
  • 閲覧(10,286)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?