【2019・2018年度】佛教大学 肢体不自由児の心理・生理・病理S0834 科目最終試験 6題セット 合格済み 80点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数177
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【合格済み80点】肢体不自由児の心理・生理・病理 S0834 科目最終試験対策 6題セット

    1.中途障害の肢体不自由児(者)における心理特徴と障害受容について述べ、あわせてそれらの者)に対する支援方法について述べよ。
    2.肢体不自由の定義と原因別分類および肢体不自由児の心理的特性について述べよ。
    3.てんかんの定義と分類およびてんかんを有する児童生徒に対する教育的対応について述べよ。
    4.脳性麻痺の定義と症状や分類および脳性麻痺児に対する教育的対応について述べよ。
    5.脳性麻痺の知覚・認知に関する特性について、アセスメントするための検査を一つ取り上げ、その概要とそれの教育的活用について具体的に述べよ。
    6.脳の機能局在の視点から器質障害の病理と症状について述べよ。

    要点・キーワードを確実に記述しています。

    佛大のレポート作成講座にて説明があったポイントを確実に押さえております。(序論・本論・結論など)
    ※キーワードを記載していたとしても、論文形式で構成されていなければ、合格は難しいため。

    800字~900字で纏めているため、覚えやすいです。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    参考資料としてご購入頂ければ、学習時間がかなり短縮されるはずです!
    (当該年度の試験問題と合致するかどうかご確認のうえ、ご購入下さい。)
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳 性麻痺 の知 覚・認 知に関 する特 性に ついて 、アセ スメント するた めの
    検 査を一 つ取 り上げ 、その 概要と それ の教育 的活用 について 具体的 に述
    べ よ。
    肢 体 不 自 由 がある と認知 発達が 必ず 阻害さ れると いうわけ ではな いが 、
    認 知発達 を妨 げる要 因とし ては大 きな もので ある。 では、脳 性麻痺 の認
    知 発達に はど のよう な特徴 があり 、どのよ うな対 応が必 要な のだろ うか 。
    1. 知 覚・認 知の特 性
    脳 性 麻 痺 な どの場 合、反 射・反 応の 発達が 不十分 であり、 筋緊張 が亢
    進 するた め、 安定し た座位 や、円 滑な 上肢の 運動が 著しく制 限され 、概
    念 形成に とっ て大き なマイ ナス要 因と なり、 認知発 達を妨げ る一因 とな
    り うる。
    ま た 、 視 知 覚にお いては 、本を 読む 時、注 目すべ き文字が 周囲の 文字
    に 妨害さ れて 、文章 を目で 追って 読む ことが できな いことも ある。 加え
    て 、移動 運動 の制限 によっ て行動 範囲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。