臨床こども学1

閲覧数314
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/04/03 15:02
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    近大姫路大学のレポートです。
    設題1 今、家庭や学校で生じている子どもの問題で、特に支援を必要としている子どもについて、自分の経験や本、ニュースから取り上げあなたが考える問題となる要因、及び適切な対応について1,500字程度で述べてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1 今、家庭や学校で生じている子どもの問題で、特に支援を必要としている子どもについて、自分の経験や本、ニュースから取り上げあなたが考える問題となる要因、及び適切な対応について1,500字程度で述べてください。
     近年、子どもの非行、犯罪、児童虐待のニュース毎日のように聞く。そして、子どもの問題のみならず、子どもを育てる親自身の問題も多種多様である。核家族化した家庭、価値観の多様性、少子化など、経済的に豊かで物に恵まれた生活環境の中で、先行き不透明感が目に見えない不安を引き起こしているのではないだろうか。そして、ここでは、支援を必要とする発達障害の子ども、特にアスペルガー症候群の子どもについての対応を考えていきたい。
     一言で、アスペルガー症候群の子どもといっても、程度は、個々の子どもにより様々である。一見してわからないが故、彼らがもつ特徴は認知されずに見過ごされてきたのではないだろうか。
     近年の教育現場において、支援が必要な子どもが増えてきたようにも思う。医学の発展、様々な検査の取り入れなどにより、その子どものもつ特徴が捉え安くなったこともあるだろう。しかし、実際には、家庭や幼稚..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。