【東京福祉大学】 4470 幼児教育方法論 評価A

閲覧数1,925
ダウンロード数27
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【設題1】 幼児と共に生活をつくる保育者の役割について、具体的な事例(個と集団)を取り上げ述べよ。

    幼児期の子どもは、一日の大半を幼稚園や保育園で過ごす。この時期は、保護者より多くの時間を保育者と共に過ごす。つまり、保育者が子どもに与える影響は、とても大きいのである。そのため、保育者には、幼児期には幼児の主体性をはぐくむために、保育者の深い幼児理解、確かな発達観が保育者には求められる。本レポートでは、幼稚園教育要領に述べられている保育者の役割、日々の保育における記録の意味や省察・評価について述べる。
    保育者の役割は、子どもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題1】 幼児と共に生活をつくる保育者の役割について、具体的な事例(個と集団)を取り上げ述べよ。
    幼児期の子どもは、一日の大半を幼稚園や保育園で過ごす。この時期は、保護者より多くの時間を保育者と共に過ごす。つまり、保育者が子どもに与える影響は、とても大きいのである。そのため、保育者には、幼児期には幼児の主体性をはぐくむために、保育者の深い幼児理解、確かな発達観が保育者には求められる。本レポートでは、幼稚園教育要領に述べられている保育者の役割、日々の保育における記録の意味や省察・評価について述べる。
    保育者の役割は、子どもの共感者になることである。威圧感がなく、安心感を与えられる保育者が理想的である。幼児を対象とする保育には養護面が重要になる。幼児は、自身をありのままに受け入れてくれる保育者がいて初めて、周囲の環境に関わろうとする。幼児の心の変化を把握するには、常に寄り添い、様子を観察することが必要である。これにより、幼児と保育者が互いに心を開き、信頼関係を築くことができる。
    保育者は、模範的態度で保育することにより、目的や意図を達成することができる。なぜならば、幼児期の子どもは、模倣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。