【東京福祉大学】7092 保育内容(環境) 評価A

閲覧数1,581
ダウンロード数20
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【設題1】保育内容を構成する環境のねらいの意義をふまえ、保育者の援助、環境構成のあり方について述べよ。

    幼稚園教育要領の「環境」領域では、「周囲のさまざまな環境に好奇心や探究心を持って関わり、それら生活に取り入れて行こうとする力を養う」ということのねらいがある。乳幼児は、身近な環境に自分から関わり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとし、身近な物事を見たり、考えたり、扱ったりする中で物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。本レポートでは、この「周囲のさまざまな環境に好奇心や探究心を持って関わり、それら生活に取り入れて行こうとする力を養う」というねらいを達成するために、保育施設や家庭での保育者の援助や環境構成のあり方を述べる。

    タグ

    環境福祉子ども保育社会発達地域幼児大学家庭

    代表キーワード

    保育内容環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題1】保育内容を構成する環境のねらいの意義をふまえ、保育者の援助、環境構成のあり方について述べよ。
    幼稚園教育要領の「環境」領域では、「周囲のさまざまな環境に好奇心や探究心を持って関わり、それら生活に取り入れて行こうとする力を養う」ということのねらいがある。乳幼児は、身近な環境に自分から関わり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとし、身近な物事を見たり、考えたり、扱ったりする中で物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。本レポートでは、この「周囲のさまざまな環境に好奇心や探究心を持って関わり、それら生活に取り入れて行こうとする力を養う」というねらいを達成するために、保育施設や家庭での保育者の援助や環境構成のあり方を述べる。
     幼稚園教育要領の「環境」の内容は、四つの「かかわり」で分けられており、自然、もの、数字と文字、地域社会である。自然とのかかわりでは、保育者は、子どもが心を動かし、関わってみたいという環境をつくることを大切にしたい。幼児期の子どもにとって自然と触れて遊ぶことは重要で、子どもは、花や木々、空や太陽など、美しい自然、人工的な環境とは異なっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。