ジェンダー論「性差別と性の役割について述べよ。」

閲覧数1,837
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 7ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    性差別と性の役割について詳しく論述し、自分の意見を述べたレポートです。【B+判定】でした。課題内容をよく理解し、しっかり取り組まれています。と評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     性差別と性の役割について述べよ。
     1.はじめに
    我々人間は生まれた瞬間に、男性と女性に分けられる。産まれてから社会人になっても、その性別の違いから不平等に扱われるシーンを幾度となく経験するだろう。「性差別」とは、生物学的性差に基づいて人間を不平等に扱うことである。我々が生活するほとんどの社会で、男性と女性で分類されその対応や役割を差別される。誰もが生活していく中で、「男だから当然」とか「女だから当然」のような言葉を聞いたことがあるだろう。この「男」「女」と区別されることで、自分自身の本来持っている力を発揮できなかったり、抑圧したりといった様々な問題が生じている。
    では、男性と女性はどのような所が異なっているのだろうか。
    2.男女の違いについて
    男性の特徴は、女性と比較すると身体の筋肉が発達している。また瞬発力や体力も男性の方が豊富だ。ヒゲが生えるのは男性だけである。女性の特徴は、男性と比較すると脂肪の量が多く持久力に優れている。子どもを妊娠して出産できるのは女性だけである。男女には、このような身体のしくみの違いがある。
    身体の仕組みの違い以外にも、男だから・女だから、男なのに・女な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。