東北福祉大学 保健医療サービス論 1単位目

閲覧数2,079
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    保健医療サービスにおける多職種との連携において、MSWの専門性はどのように発揮されるべきか述べた内容

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健医療サービスにおける多職種との連携において、MSWの専門性はどのように発揮されるべきか述べなさい。
    MSWの役割は、患者や家族の医療に関する治療の支援を行うだけではなく、社会福祉の立場から患者や家族の方々が抱えるニーズである経済的、心理的、社会的な問題の解決や援助によって、社会復帰の促進を図ることである。つまり、患者の視点に立った質の高い医療提供体制が基本理念としてある。そのため、患者や家族に対して医療に関する情報提供おこない、その人に合わせた適切な医療選択ができるよう支援しなければならない。具体的には「医療機能情報提供制度」、「入退院時の文書による説明の位置付け」、「広告規制の見直しによる広告可能な事項の拡大」がある。
    医療機能情報提供制度は、①「管理・運営・サービスに関する事項」で例えば、基本情報となる診療科目、診療日、診療時間などである。②「提供サービスや医療連携体制に関する事項」で例えば、専門医や保有設備、対応可能な疾患や治療内容、セカンドオピニオン、クリティカルパス実施、地域医療連携体制などである。③「医療の実績、結果等に関する事項」で例えば、医療の安全対策や院内感染対策..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。