東北福祉大学 福祉経営論・福祉施設管理論 1単位目

閲覧数1,284
ダウンロード数19
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    利用者中心の福祉サービスの提供を実現するために必要と考えられることを述べた内容

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    利用者中心の福祉サービスの提供を実現するために必要と考えられることを述べよ。
    利用者中心の福祉サービスとは、利用者が抱える複雑化・多様化した福祉ニーズに対応できる社会福祉を目的とする事業者が提供するサービスのことである。このサービスは利用者に援助活動を提供することを指し、例えば、相談援助、身体介護や生活援助、自立訓練など多岐にわたる福祉援助のことである。そのため、利用者がどんな福祉ニーズを抱えて、どんな福祉サービスを希望しているのかによって提供されるサービスは変わってくる。社会福祉法の第5条福祉サービスの提供の原則で「社会福祉を目的とする事業を経営する者は、その提供する多様な福祉サービスについて、利用者の意向を十分に尊重(以下略)」と書かれている。つまり、福祉サービスを提供する側には、利用者主体でサービスを提供しなければならない必要がある。ただし、そのサービスが利用者自身にとって本当に最適なサービスか利用者側は理解していないかもしれない。その場合、福祉サービスを提供する側は選択して自己決定できるよう配慮しなければならないのである。例えば、身体障害を抱えた利用者が、入浴介助が必要とする。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。