外国史概説 課題2

閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    合格レポートになります。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    孫文及び辛亥革命について論述しなさい。
    辛亥革命とは、1911 年に起きた清朝を倒し、その翌年に中華民国が樹立した民主主義革命のことであ
    る。辛亥革命が起きた経緯として、貿易相手国の台頭や、戦争での敗北によって多くの領土を失ったこ
    とが挙げられる。
    当時の中国王朝である清は、1840 年のアヘン戦争でイギリスに敗れ、1842 年の南京条約によって香
    港割譲、賠償金の支払い等が行われた。1856 年の第二アヘン戦争でも敗北し、天津条約、北京条約の締
    結によってさらに国として手立てがない状況となった。1860 年代から殖産興業や富国強兵に力を入れよ
    うと一部の官僚によって検討されたものの、その地位が武官ということから、推進が困難であった。そ
    のような中で、1883 年の清仏戦争、1894 年の日清戦争にも清は敗北し、下関条約の締結などにより、
    富国強兵などの実施は一層厳しくなっていた。これらの敗戦以外にも、1900 年に起きた義和団事件がさ
    らなる追い打ちとなった。清朝は排外運動を行う義和団を鎮圧しようとするが失敗し、逆に支持する形
    となり、日本、欧米、ロシアとの戦争へと発展し、敗戦に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。