佛教大学 Q0702 東洋の歴史 第一設題【2017年度 B判定 合格 リポート】

閲覧数2,557
ダウンロード数15
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学通信課程でのリポートです。2017年度にB判定で合格しました。
    コード:Q0702(コードが異なっていても、設題が同様の場合はご参考にしていただけるかと思います。)

    あくまでもリポートの構成等の参考用としてご利用ください。丸写しは一切禁止されていますので、ご注意ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    次のテーマから一つを選択してリポートしなさい。
    (a)儒教は中国社会を理解する上で大きな意味をもつ思想である。それを中国の歴代王朝がどのように取り扱ってきたかについて述べよ。
    (b)中国史上における王朝交替のなかから一つを選択して、それが起こった政治的・経済的・社会的背景について述べよ。
    (b)中国史上における王朝交替のなかから一つを選択して、それが起こった政治的・経済的・社会的背景について述べよ。
    はじめに
     中国王朝の歴史は古く、紀元前17世紀には王朝「殷」の実在が遺跡により確認されている。その後さまざまな勢力争いが繰り広げられ、紀元前221年には中国史上初となる統一王朝「秦」が誕生する。秦王朝は約500年に及ぶ戦乱期を経て、最後の七雄である「斉」を滅ぼし、秦以外の六国を統合するかたちで天下統一を成し遂げた。秦の初代皇帝である始皇帝は「王」を超える称号として「皇帝」を採用し、諡号の廃止、「朕」や「詔」といった皇帝専用の言葉を制定した。
    秦王朝ではさまざまな政策が打ち出され、後世にも大きな影響を及ぼしている。本リポートでは秦と前漢との間に起こった王朝交替の政治的、経済的、社会的背景に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。