明星大学 法学2(日本国憲法) WE1020 1、2単位目

閲覧数2,254
ダウンロード数82
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 法学2(日本国憲法) WE1020 1、2単位目のレポートになります。

    1単位目
    日本国憲法における平和主義について説明しなさい。

    2単位目
    日本国憲法における法の下の平等について判例を挙げて説明しなさい。

    特に指摘もなく、合格を頂いたものになります。

    少しでも、学習のお役に立てればと思います。

    参考文献
    「持続可能な社会を考える 法律学入門」・井上秀典・八千代出版・2016

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    日本国憲法における平和主義について説明しなさい。
     日本における平和主義は、日本国憲法の第9条において、戦争放棄、戦力及び交戦権の否認として、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」とうたわれている。
     この第9条では主に、「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「国の交戦権の否定」が主張されている。
     しかし、日本は「自衛隊」という軍隊のような組織を持っている。「自衛隊」は朝鮮戦争の勃発とともに1950年に警察予備隊が創設され、旧日米安保条約締結に伴って1952年に警察予備隊が本体に改組された後、自衛隊法を根拠として1954年に発足した。この「自衛隊」が合憲か違憲かをめぐっては様々な訴訟が起こされてきた。
     昭和42年、恵庭事件という事例がある。
    北海道恵庭町にある陸上自衛隊演習場の通信回線が、牛乳の生産量が演習騒音によって減少したことに不満をもった近隣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。