明星大学 中等教育方法学 PC3040 1、2単位目レポート

閲覧数747
ダウンロード数12
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/02/20 13:27
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 中等教育方法学 PC3040 1、2単位目のレポートになります。

    特に指摘もなく、よくまとめられているとコメントいただきました。

    少しでも学習のお役に立てればと思います。

    課題
    1単位目
    1. 現代日本の教育課題を教育方法学の視点から論じなさい。
    2. 次の語について、それぞれ調べなさい。
    (1) ティーム・ティーチング (2) マルチメディア (3) 発見学習
    2単位目
    1. 情報機器やソフトウェアを活用した授業を展開する際に、配慮すべき点及び課題を、自分が志望する校種・教科を題材にして検討しなさい。
    2. インターネットの普及が学校教育に与えた影響を整理せよ。


    参考文献
    「教育の方法と技術」・市川武史・多田俊文・学芸図書株式会社・1991-2014

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    1. 現代日本の教育課題を教育方法学の視点から論じなさい。
     教育の目的の一つである「生きる力」とは、知・徳・体のバランスのとれた力であり、変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てることが重要である。しかし、急速に環境や状況が変化している現代の社会では、生きる力を育てるために何を具体的な目的とするか定めるのが困難である。
     教育方法学は、子どもの知的、情意的、身体的な発達を促し、全体としての個性的な人格の形成を助けようとする実践を対象とし、この実践課程をある目的を達成する技術過程、対象を変えたりつくりだしたりしていく技術過程ところから始まる。そのため、「生きる力」を育てるにあたり、目的を定めることは極めて重要であり、それを明確にすることは大きな課題である。
     生きる力を育てるための目的を定めるにあたり、現代の社会が将来どんな方向に進むのかを考察することは有効である。将来の社会を想像することにより、子どもたちに何が必要となるかを理解し、目的を持つ手段となるためである。
     社会の変化を把握するためには、様々な事柄を個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。