日大通信 日本政治史 2019〜2022年 課題1 合格レポート

閲覧数1,272
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    日大通信 日本政治史 2019〜2022年 課題1 合格レポートです。
    丸写しはせず、参考程度にご利用ください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本政治史 課題1
    大日本帝国憲法の統治機構について説明しなさい。
    <ポイント>
    大日本帝国憲法の条文を引用するだけでなく、自身の言葉で説明するように
    してください。興味のある部分を掘り下げても構いませんが、帝国議会と政府
    との関係や、内閣総理大臣の権能が当時と現在ではどのように異なるのかにつ
    いては必ず言及してください。
    <キーワード>
    貴族院、衆議、内閣、元老、統帥権
    1はじめに
    大日本帝国憲法とは、明治天皇によって、1889 年(明治 22 年)2 月 11
    日に制定・公布され、翌年 11 月 29 日に施行された欽定憲法である。この大日
    本帝国憲法で規定された統治機構について、以下で詳しく見ていく。
    2帝国議会について
    大日本帝国憲法は、第 3 章により帝国議会について規定した。この帝国議会
    は、貴族院と衆議院の 2 院から成っている。貴族院の議員は、特権階級である
    皇族、華族、多額納税者、勅任議員で構成され、解散はなかった。衆議院の議
    員は、納税額による制限を受けた選挙で国民によって選ばれた議員で構成され
    た。現行憲法では、参議院に対して衆議院が優越的な権限..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。