日大通信 東洋政治史 2019〜2022年度 課題2 合格レポート

閲覧数341
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/24 11:12
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    日大通信 東洋政治史 2019〜2022年 課題2 合格レポートです。
    丸写しはせず、参考程度にご利用ください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東洋政治史 課題2
    韓国と北朝鮮の関係について述べなさい。
    <ポイント>
    まず、テキストの該当箇所を良く読むこと。そして、南北関係の歴史について
    理解した上でリポートを作成すること。
    <キーワード>
    朝鮮戦争(テキストの表記は韓国戦争)、南北共同声明、太陽政策
    1948 年 8 月 15 日に自由民主主義と資本主義を掲げた韓国と、同年 9 月 9 日
    に社会主義を統治イデオロギーとする北朝鮮が、それぞれ独立政権を樹立した
    ことにより、朝鮮半島は分断された。
    1950 年 6 月に韓国戦争が北朝鮮の侵攻により勃発すると、韓国と北朝鮮は敵
    対関係になり、軍事的な対峙による南北分断体制を固定化された。その後、韓
    国戦争での武力による韓国の共産化に失敗した北朝鮮は、韓国における米軍撤
    退や民衆蜂起による政府打倒といった、韓国の内部崩壊を狙う戦略へと転換し
    た。
    1970 年代初め、世界的な緊張緩和の影響により、南北間に和解ムードが造形
    された。これにより、分断後初めての南北対話が行われたのである。ここで韓
    国は、北朝鮮に非政治分野からの自主的な南北交流を提案して対話を呼びかけ
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。