結納

閲覧数168
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    結納
    結納ゆいのうとは、将来的な結婚すなわち婚約の成立を確約する意味で品物などを取り交わす
    日本の習慣。また、そのための儀式及びその品物。
    結納の意義
    本人の婚姻により両家が親類親族となり「結」びつくことをお祝いし、贈り物を「納」め合あ
    う儀式。一般的には新郎家から、新婦家へ、結納の品を納める。本来は帯や着物地などに縁起物を
    添えて贈るが、現代では帯や着物の代わりに金子包み(結納金)を贈る。結納金を帯地料小袖料な
    どというのはこの名残り結納は通常、公の場でなされることはなく、両家の間の私的な儀式・儀
    礼であるが、結納により「結婚をします」という約束を正式に交わしたことになる。新郎新婦が
    主役で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。