予後不良 (競馬)

閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    予後不良 (競馬)
    競馬における予後不良よごふりょうとは、主に競走馬が競走中や調教中などに何らかの原因で
    主に脚部等に故障を発生させた際など、回復が極めて困難で、薬物を用いた安楽死の処置が適当で
    あると診断された状態を言う。
    転じて、競走馬への安楽死処置そのものに対する婉曲的表現として用いられる場合も多い。特に、
    競走中の骨折等を原因として予後不良に至る場合は「パンクする」と表現されてきた。
    競走馬の多くを占めるサラブレッドの脚部は骨折、ヒビなどの故障が発生しやすく、「ガラスの脚
    」と形容されるほどである。品種によって馬の体重は異なるが、軽種馬であるサラブレッドの場合
    でも 400 -
    600..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。