【明星通信】外国史各論2(PE3020) _ 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまで全て一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【1単位目課題】
    ①古代ローマの政治・社会・文化の特質について論述せよ。
    ②中世におけるローマ・カトリック教会権威の興隆から衰退について論述せよ

    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <外国史各論 2(PE3020) _ 1 単位目 合格レポート>
    【課題】
    ①古代ローマの政治・社会・文化の特質について論述せよ。
    ②中世におけるローマ・カトリック教会権威の興隆から衰退について論述せよ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    ①古代ギリシア・ローマの時代における最も重要な共同体の単位は都市であり、都市国家である
    ポリスは自治を行っていたため、都市ごとに支配階層が存在していた。この都市にはエヴェルジ
    ェティズムと呼ばれる特有の支配者と市民の関係が見られ、支配者たちは通常の政治活動の他、
    地位維持のため、私有財産を用いて建築物を立てたり祝祭を催したりと市民に対する貢献を行う。
    こうして市民は支配者を相応しい人物と認め、碑文を刻んでその功績を讃えたのであった。つま
    り、支配者が自ら支出して市民へ何らかの貢献を行うことは、支配者としての地位を証明するた
    めに必須の行為であったと言えよう。そしてこのような都市はローマ帝国内部に無数に存在し、
    それぞれ支配者と民衆という土着の関係を育んでいたのである。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。