中央大学法学部通信教育課程 地理学 2020年度 第1課題 合格レポート A評価

閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    中央大学法学部通信教育課程 地理学
    2020年度第1課題です。A評価で合格しました。


    *北アメリカ大陸の西経100度の一帯について、以下の2点を説明せよ。
    ①気候区分のうえでどのような境界線となっているか。
    ②どのような農業地帯が並んでいるか。北側から順に詳しく説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    【地理学 第1課題】
    *北アメリカ大陸の西経 100 度の一帯について、以下の2点を説明せよ。
    ①気候区分のうえでどのような境界線となっているか。
    ②どのような農業地帯が並んでいるか。北側から順に詳しく説明せよ。
    1.北アメリカ大陸の境界線
    北アメリカの気候帯の特徴は、東部および北部は東西に拡がり、西部は南北に拡がるパ
    ターンをしている。これは、東西に拡がるパターンは気温が重要な要素となり、南北のパ
    ターンは降水量と季節性は重要となる。
    大西洋から西経 100 度まで、メキシコ湾から北緯 40 度までの北アメリカのほぼ東半分を
    占めるのは、温暖湿潤気候で、夏季は海洋性熱帯気団がこの地域を覆い、南部では高温と
    なり、湿度は高い。一方、冬季は北ほど厳しいものの穏やかで、短いが、毎年数回、寒気
    の南下により低温がある。
    降水は年間を通してあるが、夏季に多い傾向があり、フロリダから東海岸にかけては、
    ハリケーンにより大量の降水がもたらされる。この気候区には、ダラスや、ワシントン D.C.、
    ニューヨークなどが入る。
    その北側、アメリカとカナダの国境沿いの北側には、カナダの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。