佛教大学 Q5105 西洋史概論 第2設題 リポート

閲覧数1,272
ダウンロード数20
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年度佛教大学通信教育課程リポートです。 科目コードが違っていても設題が同じであればお役に立てると思います。あくまで参考程度になされますようお願い致します。

    設題:テキスト『茶の世界史--緑茶の文化と紅茶の世界史」について。ヨーロッパに紅茶文化が果たした役割や与えた影響について、その歴史的背景を意識しながら論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Q5105 西洋史概論 第 2 設題
    (1)
    テ キスト 『茶 の世界 ――緑 茶の文 化と紅 茶の 歴史 』 について 。
    ヨ ーロッ パに 紅茶文 化が果 たした 役割 や与え た影響 について 、その 歴史
    的 背景を 意識 しなが ら論じ なさい 。
    ヨ ーロッ パの 書物に 茶に関 する記 事が初 めに 出てく るのは、1545 年頃、
    イ タリア 人ラ ムージ オの『 航海記 集成 』の中 である 。そこで は茶は 薬と
    し て扱わ れて いる。 また 60 年 頃、中 国を訪 れたポ ルトガ ル人宣 教師 の
    ダ =クル スは 、茶は 客をも てなす 際の 飲み物 である と述べて いる。 さら
    に 96 年 、オラ ンダの リン スホー テンは 、『 東方案 内記』で 日本の 茶の 湯
    に ついて 触れ ている 。この 書物か ら、 ヨーロ ッパに とって日 本の茶 は単
    な る飲料 や薬 に留ま らず、 独特な 神秘 的な文 化であ るとされ ている こと
    が 示唆さ れる 。明朝 に仕え たマテ オ= リッチ も中国 と日本の 茶の飲 み方
    の 違いを 主張..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。