道徳教育_科目終了試験

閲覧数385
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/05/09 13:11
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員648円 | 非会員777円

    資料紹介

    明星大学通信 PB3070 道徳教育の指導法(小学校)
    科目終了試験の予想問題および解答です。2018年度に受験した際は、この中から問題が出題され、無事に単位を獲得することができました。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3
    070
    道徳教育
    の指導法(小学校)科目終了試験対策
    1)
    道徳の時間の指導法について説明せよ

    道徳の時間の指導法について、その
    内容と
    留意点を概観する。
    ①読み物資料の利
    用:
    「子どもの関心を引くものを選ぶ」、「国語
    ではないため、読む作業に伴う負担
    を少なくするよう工夫する」、

    視聴覚資料の利用:「衝撃性が強い内容や
    無関係な
    内容が混在する場合もあり、取扱には注意する
    」、「
    視聴覚資料の特性を生かし、児
    童が
    容易に
    体験できない内容を積極的に利用するこ
    と」、③
    話し合い:

    全員が参加
    する工夫をする
    」、「 話 し 合 い の 停 滞 や 主 題 の 逸 脱 の 際 に は 、
    教師の適切な
    支援を行

    」、
    ④教師の説話:「
    教師は
    自身

    人間性を児童の前にあらわにするという自覚を
    持つ
    」、「 一
    方的に話しかけるだけでなく、児童の反応を確かめる手段を併用する
    」、
    ⑤役割演技:

    中学年と高学年では
    積極性が異
    なる。学年に応じ、演技への心理的
    抵抗を減らすための工夫を行う
    」、「
    場面
    設定を明確にし、役割をよく理解させて演
    じさせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。