サインズ・オブ・セーフティ・アプローチとは

閲覧数1,944
ダウンロード数10
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/02/12 14:57
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士通信過程 95/100のレポートです。
    アンドリュー・ターネルとスティーブン・エドワーズによって開発された「サインズ・オブ・セーフティ・アプローチ」の特徴をまとめてください。また、SoSAは児童福祉分野で取組をされてきましたが、その考え方やアプローチの方法などから、あなたの実践現場での活用の有効性または可能性を具体的に述べてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サインズ・オブ・セーフティ・アプローチとは、1990年代のオーストラリアにおい
    て、アンドリュ・タネルとスティーブ・エドワーズによって開発されたストレングス志向
    に根差した児童虐待相談と方法の一つである。具体的には「サインズ・オブ・セーフティ・
    マッピング」「マイ・スリー・ハウス」「解決志向型アプローチの質問技法」といった12
    の実践原理と6つの技法から構成されるものである。一時期児童虐待は、危険な家族から
    子供を永遠に分離するしかないといった手法で主に解決をしてきたが、このアプローチに
    関しては、相談機関が一定の権限を持ちながら、親と共に問題に取り組むパートナーと位
    置づけ、これまでの一方的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。