日大通信 2019〜2022年度 保険総論 分冊1 合格レポート

閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,650円 | 非会員1,980円

    資料紹介

    日大通信 2019年〜2022年度 保険総論 分冊1 合格レポート

    当レポートは2020年に合格したものです。
    あくまで参考程度としてお使い下さい。
    丸写しなどはご遠慮下さいませ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論 分冊1
    次の(1)~(3)すべてに解答しなさい。
    (1)保険の概念・機能について説明しなさい
    (2)それらにマイナスの影響を及ぼす逆選択とモラルハザードの問題について,具体的
    な例をあげて解説しなさい。
    (3)逆選択とモラルハザードへの対策について述べなさい
    〈ポイント〉
    テキストおよび参考文献のポイントを理解したうえでまとめること。課題は 3 つのパート
    からなるのでバランスを考えて記述することが大切である。
    〈キーワード〉
    リスク,移転と分散,逆選択,モラルハザード,強制保険
    (1)保険とは、経済主体間におけるリスクの移転と分散を実現するプロセスである。
    リスクの移転とは、ある経済主体が一定の条件のもとで被る恐れのある損失を他の経済
    主体が負担することをいう。このときリスクを負担する意思と能力のある経済主体である
    保険者は、保険料を集める保険企業や政府である。リスクの負担を望まない経済主体は保
    険契約者となり、ファイナンス手段として保険者にリスクを移転することで、経済必要の
    充足または経済的保障が得ることができる。
    リスクの分散とは、多数の経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。