心理アセスメント 良評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数465
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様の参考の一助になれば幸いです。
    心理アセスメント 1単位目  問  
    クライエントを多面的・総合的・全人的にとらえようとしたとき、心理アセスメントにおける「面接法」「観察法」「検査法」を的確に活用し、クライエントの人格像が見えるように整理しなさい。
    という問いに対してのレポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    心理アセスメント 1単位目
    クライエントを多面的・総合的・全人的にとらえようとしたとき、心理アセスメントにお
    ける「面接法」「観察法」「検査法」を的確に活用し、クライエントの人格像が見えるよう
    に整理しなさい。
    アセスメントの本来の意味は評価や判断などであるが、心理アセスメントは本来の意味
    とは少し異なり面接・観察・心理検査を用いてクライエントの全体像を理解する作業であ
    る。心理アセスメントは、クライエントの生活を理解し、社会に対して適応支援を行うこ
    とが目的となっている。そのため、なによりもラポール形成は重要となる。クライエント
    を多方面からとらえる中で、クライエントと直接顔を合わせ、対話をし特定の情報を得る
    ために基本的なコミュニケーションが必要不可欠となる。しかし、それは単なる対話やお
    しゃべりとは大きく異なるため、クライエントと面接者間の信頼関係の構築は最も重要な
    課題である。信頼関係がうまく築けない場合、クライエントの本音を引き出すことは難し
    くなり、クライエントを様々な角度からとらえることはおろか、心理アセスメントを行な
    う以前の問題となってしまう。一方で、両者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。