家族心理学 優評価

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数290
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様の参考の一助になれば幸いです。 
    家族心理学 1単位目  問      コミュニケーションの5つの公理について、それぞれ具体例を示しながら説明しなさい。  についてのレポート。
    具体例という点が難しかったのですが、優評価となりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    家族心理学 1単位目
    コミュニケーションの5つの公理について、それぞれ具体例を示しながら説明しなさい。
    5つの公理のうちの第1の公理に、人はコミュニケーションをしないわけにはいかない
    というものがある。例えば、中学から高校へ入学するいわゆる高校デビューと呼ばれる時
    期に、今までのキャラクターを変えクールなイメージにしようと、クールさを演出するた
    めに誰とも話さないでいたとする。しかし、相手は「あの人はどんな人なのだろう」「クー
    ルな人なのかな」「気取っているだけなのかもしれない」など、たとえ演出のための無言だ
    としても、相手にとってはそれすらも、コミュニケーションツールになってしまう。この
    ように、人はコミュニケーションを敢えてとらないようにしたとしても、自分の全ての言
    動がコミュニケーションとなってしまうのである。
    第2の公理に、コミュニケーションは「内容」と「関係」からなるというものがある。
    これはメッセージとメタメッセージが大きく関わっている。例えば、私は心理カウンセリ
    ングルームを営んでいるが、クライエントに「自分で変わったことに気づくほうですか?
    それとも人から言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。