P6101 英米文学研究 科目最終試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数305
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2019年上旬、合格いたしましたので出品いたします。
    設題は6種類ありますが、選択問題になっており、
    実質3題になっております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101 米文学研究 科目最終試験対策
    ① シェイクスピアとミルトンについて述べよ。
    ② フォークナー、ヘミングウェイ、スタインベック、ベロウ、サリンジャーについて述べ
    よ。
    ③ オースティン、ディケンズ、ブロンテ姉妹、ジョージエリオット、ハーディについて述
    べよ。
    ※設題 6 題のうち、選択した3題のみを書き、レポートにまとめる。
    ①シェイクスピアとミルトンについて述べよ。
    ・ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)
    18 歳の頃に結婚し、いつロンドンをでて役者になったのか不明だが、23 歳の頃に、劇団に入っ
    た。1594 年から宮内庁官座と呼ばれる劇団の役者として舞台に立ち、脚本も書いた。チェイン
    バイレン座の経営にも参加し、役者兼脚本家兼株主として約 20 年間に 37 編の 3 作品を書く。
    シェイクスピアの名が一般的に知られるようになった、好色叙事詩『Venus and Adnis』、翌年
    には『The Rape of Lucrece』を出版。2作ともサウサンプトン伯に捧げられた。154 編のソネッ
    トを集めた「Sonnetts」もこのころの作品である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。