【最新2019~2022年度】日本大学通信 英米文学特殊講義 課題2 合格レポート

閲覧数420
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 英米文学特殊講義 課題2の合格レポートです。より良いレポートを書くためのお役にたてると幸いです。

    課題: 
    1  第3編「ジョージ・メレディスとヴィクトリア朝の精神風土」を読み,リポー ト前半では,ジョージ・メレディスが19世紀ヴィクトリア朝社会に対して行った批判とはどのようなものか,『イースト・リン邸』と『白衣の女』への批判を通して説明しなさい。
    また,リポート後半ではメレディスの「センティメンタリズム」と「喜劇精神」について説明しなさい。

    講評:前半、後半の課題についても各々キーワードが適切に抜き出されています。さらに論の展開も明瞭です。

    参考文献:日大教材、「白衣の女」ウィルキー・コリンズ、「エゴイスト」メレディス

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学特殊講義(科目コード N31200 )課題2
    次の中から1問を選択し,番号に必ず○印を付けて答えなさい。
    1 第 3 編「ジョージ・メレディスとヴィクトリア朝の精神風土」を読み,リポー ト前半では,ジョ
    ージ・メレディスが 19 世紀ヴィクトリア朝社会に対して行った批判とはどのようなものか,『イースト・
    リン邸』と『白衣の女』への批判を通して説明しなさい。
    また,リポート後半ではメレディスの「センティメンタリズム」と「喜劇精神」について説明しなさい。
    1の〈ポイント〉 テキストをよく読むことは言うまでもないが,各章における英語引用文を精読し,
    英文の意味の理解に努めること。メレディスは 19 世紀ヴィクトリア朝の何を問題視したのか。またなぜ
    メレディスは悲劇よりも喜劇を重視したのか考えること。
    1の〈キーワード〉 the invisible hand of God, sentimentalism, the Comic Spirit
    本レポートの前半は、George Meredithがヴィクトリア朝社会に対して行った批判について述べる。
    ヴィクトリア朝は、19 世紀..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。