【最新2019~2022年度】日本大学通信 英米文学特殊講義 課題1 合格レポート

閲覧数288
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 英米文学特殊講義 課題1の合格レポートです。より良いレポートを書くためのお役にたてると幸いです。

    課題: 1 .通信教材『英米文学特殊講義』の第1編第2章The Merchant of Venice論を 出発点として,ユダヤ人を視点にしたShylock中心の自論を展開しなさい。

    講評:  The Merchant of Venice論のどのような点をを出発としたかを明確にするとさらによいが、今回提出されたリポートは、 The Merchant of Venice及び参考文献をよく読んで考察された様子が伺え、また課題のテーマを忠実に遵守し持論を展開していることから「合格」と判断した。

    参考文献:日大教材、 『マラーノの系譜』小岸昭(みすず書房)  『英国ユダヤ人』佐藤唯行(講談社)  『ユダヤの商人Shylock』ジョン・グロス著 富山太佳夫訳(青土社)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学特殊講義(科目コード N31200)課題1
    1 .通信教材『英米文学特殊講義』の第 1 編第 2 章 The Merchant of Venice 論を 出発点として,ユダ
    ヤ人を視点にした Shylock 中心の自論を展開しなさい。
    1の〈ポイント〉 通信教材『英米文学特殊講義』の第 1 編第 2 章 The Merchant of Venice 論を出発
    点として,The Merchant of Venice という作品の意義について自論を展開して もらいたい。
    1の〈キーワード〉 ユダヤ教徒,キリスト教徒,商人,利子
    1の〈参考文献〉 『マラーノの系譜』小岸昭(みすず書房) 『英国ユダヤ人』佐藤唯行(講談社)
    『ユダヤの商人 Shylock』ジョン・グロス著 富山太佳夫訳(青土社)
    "The Marchant of Venice" は Shakespeare の代表的な喜劇と言われている。この物語はいろいろな解釈
    がされており、現在も多くの議論がなされている。この中の登場人物であるユダヤ人の Shylock を中心
    に、なぜこの物語がこの時代に強烈に支持された..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。