異文化コミュニケーション 平成29・30年課題 合格レポート

閲覧数37
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/08 10:49
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    講評:内容を正しくレポートしている。

    次の2問とも答えなさい。
    1.教材Part1の2. The Physical Environmentを800字から1000字以内で日本語でまとめなさい。
    2.教材Part2の5.authorityの内容をよく理解し、日本人が北米の人々と接する際に留意すべき点を異文化コミュニケーションの観点から書きなさい。(800字から1000字以内)

    教材: Exploring Hidden Culture 日本とアメリカー深層文化へのアプローチー 著者Paul Stapleton  金星堂 2001年初版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.どの社会の文化を創造するにも働く影響力があり、最も重要なものが物理的、自然環
    境である。充分に食を満たすことが一番の懸念事項だった時、人間は協力することでより
    容易く生き延びる方法を学び、生存の機会を増やす為に社会規範や集団行動が発達した。
    これらは世代を通して伝承され、今日では文化として知られるようになったが、それが自
    然環境との交流や、食の苦労に大きく影響されてきたことを知るのは有効である。
    日本の集団志向文化についての大衆的な理論は、水田での稲作に関連する。稲を育てる
    時に日本の様な豪雨と山々のある国では、水の統制に多大な労働力と協力が必要であった
    。集団精神を見せない人は村から追い出される危険にさらされ、それは死をも意味したの
    で集団志向が発達した。他方の大変重要な自然的特徴は孤立である。この孤立は他からの
    連絡が頻繁でない事を意味するが、それは大変な同質民族をもたらし、誰が内部者か部外
    者かの強い感覚を持たせてきた。日本はカタカナと呼ばれる特別な文字さえ持つが、これ
    は生活の様々な側面で外来、在来を区別する重要性を表す。これに対して欧州はポルトガ
    ルから東セルビアまでの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。