【優】社会福祉援助技術演習C-3

閲覧数80
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    通信制大学の社会福祉援助技術演習Cのレポート課題3単位めです。課題「実習免除に該当する相談援助業務の経験から、利用者の権利擁護の重要性について、実践例を取り上げ、あなた自身の考えを具体的に述べてください。」
    最高評価優でした。レポートは参考までに、そのままコピーして提出するのはおやめください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    社会福祉援助技術演習 C3 単位め
    (課 題)
    実習免除に該当する相談援助業務の経験から、利用者の権利擁護の重要性について、実
    践例を取り上げ、あなた自身の考えを具体的に述べてください。
    (解 答)
    近年、我が国では児童虐待が深刻な社会問題となっている。児童虐待は子どもへの人権
    侵害で、心身の成長及び人格形成に重大な影響を与える深刻なものであり、未然に予防し
    たり、早期に適切な援助をしたりしていく必要がある。私は児童に関わる専門職として、
    多くの親子と出会い、相談援助業務に携わってきた。私自身が働いてきたこれまでの間に
    も家庭や地域社会における育児機能が低下していることはもちろん、地域の中で児童虐待
    のリスクを抱える親子が決して少なくないことは実感しているところであり、今後一層、
    社会全体で責任をもって子どもの健全な育ちを支援していく視点が重要だと考える。以下
    では、私が実習免除に該当すると認められた児童福祉、子育て支援の分野での相談援助業
    務の経験から、児童虐待を防止し子どもの権利を擁護することの重要性について、具体例
    を挙げながら論じていきたい。
    1994 年、日本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。