WE1022法学B(日本国憲法)2単位目

閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学通信教育部 WE1022 「法学B(日本国憲法)」 第2単位目のレポートになります。  合格の評価を頂きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本国憲法における法の下の平等は、14 条で定められている。日本国憲法 14 条 1 項では
    「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
    政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」としている。ここでいう平等と
    は、相対的な平等のことを指しており、絶対的な平等ではない。井上(2016)は、「平
    等は社会通念から見て合理的な差別は認められるとする相対的平等であり、絶対的平等を
    指すものではない。たとえば、未成年者に対しては心身の発育を阻害するという理由から
    飲酒や喫煙が法律で禁止されている。また、制限能力者として行為能力 (単独で法律行為
    を行うことができる能力)の制限がある。」と述べている。また、弁護士の雑記帳(201
    7)では、「個人個人は生き方も考え方も異なるのですから、異なる者同士の間での平等と
    は一体どのようなものなのか、答えは簡単には出そうもありません。誰にでも平等なチャ
    ンスが与えられていればいいのか、結果の平等まで保障されるべきなのか、という二者択
    一の問題と考えるのは現実的ではありません。形式的な機会の平等だけ守れば、格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。