慶應通信合格レポート 西洋史概説Ⅰ 西洋中世におけるモノと人の移動について

閲覧数135
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/17 17:48
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    西洋中世におけるモノと人の移動について この資料の全面コピーandペーストを禁止します。あくまで参考程度にご使用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.
    はじめに
     ヨーロッパ中世中期から中世盛期における都市の形成と発展には、モノと人の移動が大きく寄与し
    ている。以下本論において、中世中期から盛期にかけて、「聖遺物」と「巡礼者」の移動が都市にも
    たらした意義について論じる。
    2. 聖遺物
     2.1. 聖人崇拝と聖遺物
      カトリック教会において、聖人とは「
    生存中にキリストの模範に忠実に従い、その教えを完全に
    実行した人たちのことであり(注1)
    」、「
    教会が聖人として公に認めるということは、天国の栄光
    の中にいること、全世界の人々がその聖人に取り次ぎを願ってよいこと、崇敬するに値し、世界中の
    全教会で公にこの聖人の日を祝うことになることを意味
    (注2)」するという。そして聖遺物とは、
    それらの聖人の骨や持ち物のことであり、その聖人の功徳が宿るとされている。「天に
    らの」というの、願うカトリックは、のにはいない
    存としている。しかし物にできる聖遺物は、がりたりできるとい
    う、「キリストをはじめとする聖なる存実や聖(注」として

    の形成している。教会におけるように、カトリックでは聖遺物が
    をするものとしてれていた。
     2.2. 聖..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。