【東北福祉大学】地域福祉論 3単位め_評価:良

閲覧数886
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    地域福祉論(社会福祉士指定科目)3単位めのレポート課題です。地域福祉実践について問われる、資料などの読み込みが重要な課題です。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉論 3単位め
    (課 題)
     地域福祉実践における福祉ニーズに基づいた社会資源活用法・調整・開発について述べ

    (解 答)
     福祉ニーズの概念は一様のものがなく多岐に渡るが、おおよそ「人間が正常な社会生活
    を営むために、欠かすことのできない様々な基本的な条件」ということができよう。社会
    福祉に関連する施策において、この福祉ニーズ、そして福祉課題の発見は実際の政策決定
    やサービス提供に至る前提となる。そのために、地域福祉実践において、この福祉ニーズ
    の把握は重要な位置を占めていると言える。
     では、福祉ニーズの把握はどのように行われるのか。
     地域福祉における福祉ニーズ把握は、主に社会調査によって行われる。その調査方法と
    して、①量的調査 ②質的調査 の
    2
    種が存在する。
     ①量的調査は、多数の調査対象に対して量的な数値の収集を目的として行う調査法であ
    る。質問項目には主にクローズドクエスチョンが用いられる。地域福祉における福祉ニー
    ズの調査においては地域全体での多くの量の情報を収集し、データ化できるという特徴を
    持つ。その調査の種類は調査対象の範囲によ調査対象全数に調査を行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。