日大通信 広告論分冊1 2019~2022 合格リポート

閲覧数1,032
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 13ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    日大通信 商法1分冊2の合格リポートです。 リポート全文、教師講評が記載されています。 リポート作成の参考にご活用ください。

    タグ

    日大通信広告論

    代表キーワード

    日本大学商法広告論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブランドについて、競争と財務の二つの視
    点から見た概念がある。
    まず、競争の視点から見ると、ブランドは
    「名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、
    あるいはそれらの組み合わせであり、ある売
    り手の商品を競争者から区別する目的でつけ
    られたもの」と規定する。つまり、顧客にと
    って、その製品やサービス、名前やデザイン
    等にふれた際に、それらにまつわる様々なイ
    メージができ、同時に他製品と区別ができた
    時点でブランドと呼べる。企業側の視点に立
    つと、顧客の需要を創造し確保する役割を担
    う競争優位の源泉となった時点がブランド確
    立時といえる。ブランドはこの様に特定の製
    品、サービスを表し、またはこれらのまとま
    りを表す固有名詞として示すことができ、製
    品の物理的機能を示すものではない。このこ
    とは特定の製品を想像すると理解しやすい。
    具体的な例としてイギリスを代表する世界
    的なファッションブランドであるBurberryLondon
    を挙げると、バーバリーの騎士のロゴや代表
    的なバーバリークラシックチェックの柄を見
    てバーバリーをイメージしたり、また逆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。