[A評価] 関係行政論レポート 「心理に関する支援における法律と倫理の関係性について~」 東京福祉大学

閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    教員の高評価の所見をいただいております。 皆様のお役に立てる資料になるかと思います。レポート作成などの参考資料としてご活用ください☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理に関する支援における法律と倫理の関係性について、秘密の保持の伴う倫理的葛藤
    を踏まえて、具体的な事例を交えながら述べよ。
    1. レポートの概要
    今回のレポートでは、まず最初に心理に関する支援における法律と倫理の関係性について
    述べた後、法的秘密保持と職業倫理的秘密保持について述べ、秘密保持の例外についても
    述べる。そして最後に秘密の保持に伴う倫理的葛藤が生じる状況を想定し、それを解決す
    るためには、どのような対策が必要かについて述べていく。
    2.心理に関する法律と倫理
    法と職業倫理は共通しているものもあるが、いくつかの重要な点で違いがあるのでそれ
    について述べる。
    法は国家権力を背景に持っている。つまり、法を犯した場合は、国家によって法の規範を
    実行される。
    そして、職業倫理とは、職業集団が自分たちで定め、その集団の構成員間の行為について
    規定した行動規範であり、職業集団の人たちの問題解決の指針となるものである。つまり、
    課されていないのに自ら課す信念のようなものである。
    職業倫理には、「しなければならないこと」、「してはならないこと」、などの命令倫理と、
    専門家とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。