日大通信 経済史総論 分冊1 2019~2022年度

閲覧数62
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日大通信 経済史総論分冊1 2019~2022 合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。 丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。 ご使用は自己責任でお願いいたします. 【問題】西ヨーロッパにおける封権制(農奴制)社会の成立について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済史総論 分冊1
    封権的農奴制社会は土地経済を基礎として成立し、成長を遂げた。故に、それは基本的な生産手
    段である土地の封権的領有関係すなわち土地所有を媒介にして成り立つ領主と農奴の関係、その
    ような土地領有形態において土地を直接的に利用する農奴の営む農業経営、そのような土地領有
    が農奴の余剰労働を主として現物形態で収奪する土地地代の三方面の特徴をその基本的特徴と
    して備えている。
    封権的農奴制社会の成立期には、前段階の奴隷制生産諸関係が未だ広い範囲に残存していて、
    それに対して新しい農奴生産諸関係が抗争しつつ、それを克服して進んでいくのだが、生産関係
    のこのような新旧交代の根底には生産力向上の諸条件が発展しつつあった。ローマ帝国が瓦解に
    向かって進みつつあった辺境地域には、そこに植民した自由民から成る屯田兵農民でもなく、ま
    た本来の奴隷でもなく、反自由民が農耕と防備を兼ね営むという状態が表れていた。それは、奴
    隷所有制に全人格を所有支配されて、生産手段の所有から全く隔離されていた奴隷の労働搾取の
    上に立つ奴隷制度ではなくて、奴隷に農耕地保有と農耕の自由を認めて、半自由・半奴隷の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。