日大通信 経済史総論 分冊2 2019~2022年度

閲覧数42
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日大通信 経済史総論分冊2 2019~2022 合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。 丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。 ご使用は自己責任でお願いいたします. 【問題】市民革命(ブルジョア革命)の経済史的意義について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済史総論 分冊 2
    ドイツにおける宗教改革と農民戦争とは、ブルジョワ革命の試行の最初の失敗であった。これ
    に続くオランダにおける 1566 年から 1609 年に起こったブルジョア革命は、ドイツに続く失敗で
    あった。この革命は、ドイツの場合と異なり、本格的なブルジョア革命であったが、形態的には
    スペインのオランダ支配に対する民族的解放の形をとっていた。オランダ 17 州は、ベルギー、
    北フランスの一部、ルクセンブルク及びドイツの一部を含む地域を占領していた。13 世紀から1
    5 世紀にかけてオランダは貿易・海運に栄えて経済的に発展をしていた。そして 16 世紀に入るや
    オランダ諸州の経済生活の上にある為、新しい顕著な諸変化が起こり、より一層の経済的進捗が
    もたらされ、社会諸関係や政治諸関係の上に大きな変化が見られた。封権的諸関係の崩壊や封権
    的土地所有の廃棄、原始的資本蓄積の過程がこの時代にオランダの経済、政治に決定的な発展的
    影響を及ぼし始めた。その例をギルド制度の衰退や産業規制と関連づけることができる。
    イプレス市には織物産業がギルド制のもとに繫栄し、ギルドは最大の織物匠組織..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。